• ホーム
  • 性病の病名と目にできる淋菌性結膜炎

性病の病名と目にできる淋菌性結膜炎

現在、性感染症は10代~20代といった若者世代でも大変流行している病気です。
特に若い方は性病と分かっていても家族や病院へ行って相談するということができにくいケースが多く、放置して感染を広げてしまっていたり重病化するケースが多く見られます。
また性感染症の種類と病名についてはクラミジア、ヘルペス、淋病、梅毒など様々なウイルスが存在しており、その他にも病名は沢山ありそれぞれ症状は発症状況が異なります。

特にヘルペスは症状が出にくいケースもあり自覚症状がない為に気づかず放置してしまっている場合もありますので、性病の感染が不安な方はコンドームなどの避妊具の装着や病院などで事前に性病検査を行うことをお勧めします。
また性病検査は検査キットなども出回っており自宅で簡単に検査することも可能となっております。
また性感染症というと性器やその周囲にできる病気と考える方も多いようですが、性病は何も性器だけとは限りません。
性器を口で舐めたり精子を顔にかけられたりとされた場合にそこから性病の原因となるウイルスが入り込み目や口、唇といったところで増殖し症状を出すケースもあります。

特に目に発症しやすいのが淋菌性結膜炎です。
淋菌性結膜炎はとても重症の急性結膜炎であり、まぶたが腫れ、目から膿が出ることがあります。
性行為は男女の関係でとても必要なことではありますが、不特定多数の方や清潔感なくして行う場合には性病のリスクを高めるものと認識して事前の予防を考えることが重要です。

またもし性感染症の疑いや性感染症と判断された場合には、できるだけ早急に病院へ行き治療を開始することが感染を広げずに重症化を起こさない為に良いのです。