• ホーム
  • 性病の検査方法と処方される薬の種類

性病の検査方法と処方される薬の種類

危険なウィルス

クラミジアという性病の名前を聞いたことがいる人もいるでしょう。
日本においてその感染患者は多く、性病を専門とするクリニックでもよく見られる病気です。
性行為の回数に限らず、またどの年代でも発生する可能性のある病気です。
このクラミジアは感染するとおりものの変化や下腹部痛などの症状が出てきます。
症状に気が付いて病院に行く人が多いですが、感染の可能性があってから1週間が経過しないと正しい検査結果が出ません。
もしも検査の時期が早すぎると、感染しているにも関わらず、感染の可能性が陰性であるとなる場合もあるのです。
そのために時期などを考えて検査を行われますし、感染が疑われる場合は、時期をずらして再検査で確認をすることもあります。

その検査方法は、血液検査をして抗体を確認する方法があります。
血液検査で抗体があれば、過去に感染したということを示します。
またちつの培養検査、尿の培養検査、そして口などの感染の場合は、咽頭の培養検査を行います。
これで菌の存在が確認できたら、治療が開始になるのです。

治療の基本は抗生物質の投与です。
その薬はジスロマアックが多いのですが、その服用期間は数日から1週間程度ということが多いです。
きちんと内服をしなくては効果が下がります。
またクラミジアは感染すると将来的に不妊症などの原因にもなる性病であるために菌の存在が確認できなくなるまで、きちんと内服治療を続ける必要があります。
もしも症状が広がり、悪化している場合には、内服治療だけでなく、抗生物質の点滴治療もおこなわれます。
きちんと内服を続けながら定期的に培養検査を行い、原因菌の存在を確認します。
菌の存在がないことを確認されたら、治療が終了します。