薬と瓶を持つ男性

性病にはとても沢山の種類があります。
それぞれ感染経路や症状や治療法は違いますが、どの性病でも言えることは早期発見と早期治療が大切ということです。
現在の日本で感染者が多い性病は、クラミジアです。
この病気の特徴は感染率が非常に高いところです。
いまもっとも感染者数が多い性病と言われていて、その感染者のほとんどが17歳~24歳までの女性で占めています。

クラミジアの症状は男性の場合、排尿時に痛みを感じる、尿道から膿が出てくるという症状がありますが、全く自覚症状の無い人も居ます。
女性の場合は、おりものの増加や下腹部の痛みという感じで、それほど通常時と変化が起きるわけではありません。
そのため性病に感染していると気が付かずに、長期間放置してしまって悪化してしまうケースも多いです。
クラミジアを治療するならクラビットを使うことが多く、ほとんどの場合は処方された分の服用で治療が成功します。

つぎに淋病という病気の特徴は、感染率が30%程で若者を中心に今感染者が増えつつあります。
一度感染したからと言って免疫はつきません。
そのためしっかりと注意しておかなければ、再び感染することはあり得ます。
女性は男性と比べて症状が現れにくく、重症化してしまうことが多々あります。

最後に性病の中でも歴史が古い梅毒という性病があります。
梅毒は1期~4期と分けられている病気で、進行が遅いことが特徴です。
潜伏期間もほかの病気と比べて長いので、すぐに感染したと気づくことは難しいです。

1期の症状としては、股の付け根にあるリンパ節が腫れたり、梅毒性リンパ節炎が起きたりします。
4期までいくと色々な臓器に腫瘍が出来たり、最悪の場合死に至るケースもあります。
このように性病にはさまざまな種類があります。
性感染症は放置していると、他の病気にもかかりやすくなってしまうので、何か異変を感じたらすぐに検査することが大切です。

またトリコモナスという原虫に寄生される性病では女性の場合おりものが悪臭を放ちます。
これは気づきやすいといえますが、再発しやすい性病ですので注意が必要です。